会長あいさつ

280104kaityou1沖縄県社会保険労務士会会長 富川泰幸  

 ~ようこそ! 沖縄県社会保険労務士会のホームページへ

   当会のホームページをご覧いただきまして、ありがとうございます。

  社会保険労務士は、企業の健全な発達と労働者等の福祉の向上に資することを社会的使命として国から資格を与えられた専門家でございます。

身近なエキスパートとして、労働・社会保険諸法令に基づく申請書等の作成・事務手続・代理、企業における人事労務管理その他労働・社会保険諸法令に関する事項の相談・指導など企業における「人」にかかわる業務や国民生活における社会保障制度に関する業務を行っております。

また、コンプライアンスや労務管理相談等への助言・指導を行い、職場の労働関係トラブルの未然防止のサポートを支援しております。もし、職場内で労働関係トラブルが解決できず、労使間の個別労働関係紛争になった場合には、労働者や事業主の代理人として都道府県の労働局(紛争調整委員会)・労働委員会における、あっせん手続代理、都道府県労働局における男女機会均等法、パート労働法及び育児・介護休業法の調停手続代理、又は裁判外紛争解決手続(ADR)において、特定社会保険労務士や社労士会労働紛争解決センター沖縄をご利用していただき安価・簡易・迅速に和解による解決を図ることができます。

さらに、平成27年4月から、労働社会保険に関する行政訴訟の場面や個別労働紛争に関する民事訴訟の場面で、裁判所において社労士が補佐人として弁護士とともに出頭し、陳述できるようになりました。

近年の社会情勢を鑑みると、少子高齢化社会のため人口減少が進み、若年者労働力の減少による社会の大きな変化に伴い、仕事と生活の調和(ライフワーク・バランス)・効率的(多様)な働き方改革・企業における職場での健康確保や労働環境の改善が求められ、国の労働政策や社会保障政策(医療・介護・福祉・年金等)も変革が進められており、企業や労働者等より、実務の専門家としての社会保険労務士に期待する役割は、ますます増大しております。

このような状況のなか、私ども社会保険労務士は、「会社と従業員を結ぶ確かな「絆」=社会保険労務士」として、頼れるパートナー、社会保険労務士として期待に応えるべく日々研鑽を重ね業務の改善進歩を図り、資質の向上に努めております。

皆様方には、社会保険労務士制度に対し、ご理解をいただき、今後とも社会保険労務士をご活用下さいますよう心よりお願い申し上げます。

2015年(平成27年)12月吉日