会長あいさつ

0730新垣会長  

 ~ようこそ! 沖縄県社会保険労務士会のホームページへ

   当会のホームページをご覧いただきまして、ありがとうございます。

沖縄県社会保険労務士会を代表してご挨拶申し上げます。

昨年は、社会保険労務士制度創設50周年を迎えましたが、我が沖縄県社会保険労務士会は昭和47年5月に任意団体として創立、昭和52年1月に社団法人として認可され、昭和53年10月に法定団体として設立、今日までを迎えることができました。これもひとえに今日まで会の発展に寄与された歴代会長・理事を始め、事務局職員や会員各位のご努力の賜であり、また、関係行政機関や県民の皆さまのあたたかいご支持、ご支援のおかげでもあると厚く感謝申し上げます。

新しく令和の時代に入りましたが、これまで同様、沖縄県社会保険労務士会の事業運営に変わらぬご理解、ご支持、ご支援をお願い申し上げます。

さて、社会保険労務士は、労働・社会保険諸法令に関する唯一の国家資格者であり、事業の健全な発達と労働者等の福祉の向上に資することを目的とし、日々業務に励んでいるところであります。

具体的には、労働・社会保険諸法令に関する申請書類の作成・届出や労務管理に関する相談、就業規則の作成や企業内の人材育成、職場のトラブルを未然に防ぐ予防措置等「人」に関する業務が中心となります。また、年金や社会保険に関する申請や相談等、社会保険労務士の業務は、多岐にわたります。

今日では、「働き方改革」に関する関係法令が施行され、事業所の皆さまに於かれましては、これまでよりもより一層、労務管理に取り組む必要が出てきました。

このような状況の中で、沖縄県社会保険労務士会は企業や働く皆さまにとってお役に立てるよう、会員一同頑張っていく所存ですので、沖縄県社会保険労務士会会員のなお一層の活用をお願い申し上げ、私のあいさつとさせていただきます。

令和元年7月

 沖縄県社会保険労務士会会長 新垣 明